遅延判定帰還型信号推定器のハードウェアによる評価 Experimental Results of Delayed Decision Feedback Sequence Estimator

この論文をさがす

著者

抄録

次世代のマルチメディア移動通信において 20〜30Mbps の高速伝送を実現するためには、マルチパスフェージングによるデータ品質劣化を回避する手段がポイントとなる。かかる手段として今回、信号推定能力と演算規模のバランスを重視し、かつ 24Mbps の高速処理が可能な遅延判定帰還型信号推定器 ( DDFSE : Delayed Decision Feedback Sequence Estimator) を試作し、これを無線モデムに搭載し評価したのでたので、その評価結果について報告する。

収録刊行物

  • 1997年信学会ソサエティ大会

    1997年信学会ソサエティ大会, 439, 1997

    一般社団法人電子情報通信学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003341982
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10489017
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    会議資料
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ