図書館におけるレファレンス経験の知識化 A Knowledge Management System for the Questions & Answers at the Reference Counters of Libraries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

利用者の情報要求をみたすことができるレファレンスサービスを図書館で提供するためには,図書館員のレファレンス能力の開発が必要である.本研究では,情報要求に適したレファレンスツールを選択できるようにするため,図書館におけるレファレンス経験を知識として蓄積する方法を提案し,レファレンスツール案内システムを試作した.はじめにレファレンス質問と回答およびツールの概念化を行ない,上位概念を用いて主題内容を表現した.その結果,分野名,特徴名,情報項目名および索引名を使用して,回答としてのツールが選択できることがわかった.これらを組織化し,Web上で利用できるシステムを構築した.本システムにより,図書館においてレファレンス経験を知識として共有化することが可能となった.

A management system for the library service is proposed, where the reference experiences at the counters of libraries are accumulated in a knowledge base and the latter base works so as it guide users along the lines of their interests. The system is a guide system formed of reference tools of tree structure. In practice, the user selects any subject field according to his interest, i.e., that of the feature, the information item, the index of the reference under questions, or any tool the user wants to use. Hence, the proposed system will allow the users to share the reference experiences which have been accumulated in the libraries.

収録刊行物

  • 情報知識学会誌

    情報知識学会誌 12(2), 37-48, 2002

    情報知識学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003351497
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10459774
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0917-1436
  • NDL 記事登録ID
    6280545
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1782
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ