光磁気ディスクにおける下位互換とオーバーライト技術  [in Japanese] Downward Compatibility and Direct Overwrite Technique for Magneto-Optical Disk  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

マルチメディア時代の到来により、高速で媒体交換可能な大容量の光ディスク装置のニーズが高まっている。筆者らは、5.25インチ光磁気ディスクの1倍(1X)、2倍(2X)、3倍(3X)、4倍(4X)容量(0.6,1.3,2.0,2.6GB/枚)の各媒体に対する完全互換(記録再生可能)を実現し、4Xのオーバーライト媒体への記録再生も可能にした。下位互換を達成するためには、マーク間記録方式(1X,2X)とマークエッジ記録方式(3X,4X)を両立させる記録制御技術と再生処理技術が必須条件となる。そこで、記録制御技術としてテマルチパルス記録パワー制御方式と試し書き処理方式を採用し、下位互換と4X-DOWの記録再生を実現した検討内容について報告する。

Journal

  • Proceedings of the Society Conference of IEICE

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1996年.エレクトロニクス(2), 34, 1996-09-18

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003354325
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10489017
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top