アクセス網へのABR/UBR適用の検討  [in Japanese] ABR/UBR for ATM access networks  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年, インターネットの急激な普及, また, アプリケーションの高度化に伴うデータ量の増大によって, データトラフィックが爆発的に増加しつつある. このトラフィックの増大に対処するために, 高速かつ広帯域なATM(Asynchronous Transfer Mode)網を用いて, インターネット上のIP (Internet Protocol)トラフィックを効率的に収容する方式の開発が必要である. また, ATM Forumでは, データ系トラフィックを収容するサービスクラスとして, ABR (Available Bit Rate)とUBR (Unspecified Bit Rate)が規定されている. ABRでは, レー卜制御機能による複雑な制御が必要となるものの, ネットワークの輻輳を回避することが可能である. 一方, UBRでは, QoS (Quality of Service)を全く保証しないサービスクラスであるが, リソースの有効利用を目的とするEPD (Early Packet Discard)や最低帯域などの保証を行うUBR+或いはGFR(Guaranteed Frame Rate)が検討されている. 一方, ATMアクセス網の構成においては, マルチメディアサービスを経済的に提供するATM-PON (Passive Optical Network)の導入が進められている. 今回, 筆者等は, ATM-PONで構成されたATMアクセス網において, データトラフィックを収容するためのサービスクラス(ABR/UBR)の適用について検討した.

Journal

  • Proceedings of the Society Conference of IEICE

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1997年.通信(2), 537-538, 1997-08-13

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003355091
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10489017
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top