海色データから推定した大村湾のクロロフィルa濃度の検証 Verification of Chlorophyll a Concentration Estimated from Ocean Color Data in Omura Bay

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

典型的内湾である大村湾で,衛星海色データおよびその水中アルゴリズムが適応できるかどうかの検証を行った。OCTSバージョン4およびSeaWiFSバージョン2は,いずれも大村湾のクロロフィルa濃度を約10倍程度過大評価した。水中分光放射計のデータから計算した海表面射出輝度にSeaWiFS OC2水中アルゴリズムを適応して推定したクロロフィルa濃度は,現場クロロフィルa濃度が3μgl^<-1>以下で過大評価,3μgl^<-1>以上で過小評価した。その誤差は衛星データと比較すると小さかったことから,大気補正にも問題があることが明らかとなった。大村湾の海面射出輝度スペクトルは,外洋域のスペクトルと比較すると,短波長側で小さく,有色溶存有機物の存在によって,外洋用の水中アルゴリズムが適応できなくなることを示唆した。また,長波長側の輝度は大きく,これまでの大気補正での仮定が成り立たないことを示した.沿岸域で利用の可能な海色アルゴリズムを早急に開発する必要がある。Satellite ocean color remote sensing data and an in-water algorithm for the data were verified in a typical semi-closed bay, Omura, Bay. Chlorophyll a data of OCTS version 4 and SeaWiFS version 2 overestimated chlorophyll a concentrations from the middle part of Omura Bay by about a factor of ten. Chlorophyll a concentrations were estimated by SeaWiFS OC2 algorithm with water leaving radiances calculated from underwater spectral radiometer data. The optically derived concentrations were overestimated for concentration of below 3μgl^<-1> and underestimated for above the value. The smaller error of optically derived concentration compared with satellite data was indicating that the atmospheric correction algorithm was also a problem. Water leaving radiance at the shorter wavelength for Omura Bay was lower than the value for the outer ocean, indicating that the colored dissolved organic materials affect the in-water algorithm. The higher value at the longer wavelength conflicted with the assumption of the present atmospheric correction algorithm. It is required to develop specific ocean color algorithms for coastal waters.

収録刊行物

  • 海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 11(2), 235-241, 2002-03-05

    日本海洋学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

  • 衛星データを使った内湾の鉛直クロロフィル推定のためのガウスモデルの適用可能性評価

    作野 裕司 , 津島 邦之

    日本船舶海洋工学会論文集 = Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers (7), 39-46, 2008-06-01

    J-STAGE 参考文献16件

  • 海色衛星によって観測された富山湾における1998年と1999年のクロロフィルα濃度分布

    大西 美奈 , 石坂 丞二 , 笠原 一世 , 長田 宏 , 白山 肇 , 内山 勇 , 寺内 元基 , Mina Onishi , Joji Ishizaka , Issei Kasahara , Hiroshi Nagata , Hajime Shirayama , Isamu Uchiyama , Genki Terauchi , 長崎大学水産学部:(現)NPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センター , 長崎大学水産学部 , 富山大学理学部 , (独)水産総合研究センター西海区水産研究所 , (財)環日本海環境協力センター:(現)大東文化大学環境創造学部 , (財)環日本海環境協力センター:(現)富山県水産試験場 , (財)環日本海環境協力センター , Faculty of Fisheries Nagasaki University:(Present address)Ocean Family Marine and Nature Activity Center , Faculty of Fisheries Nagasaki University , Faculty of Science Toyama University , Seikai National Fisheries Research Institute , Northwest Pacific Region Environmental Cooperation Center:(Present address)Faculty of Social-Human Environmentology Daito Bunka University , Northwest Pacific Region Environmental Cooperation Center:(Present address)Toyama Prefectural Fisheries Research Institute , Northwest Pacific Region Environmental Cooperation Center

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 16(1), 7-22, 2007-01-05

    機関リポジトリ 参考文献21件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003368452
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10382760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    21863105
  • NDL 記事登録ID
    6094371
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-778
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ