1992年3月上旬に発生した駿河湾の急潮 Kyucho in Suruga Bay in Early March 1992

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

1992年3月上旬,駿河湾口東部および同湾奥西部沿岸の2係留観測地点で,約5.5日間に約5.5℃に及ぶ顕著な水温急上昇が観測された。この水温急上昇は同湾沖の黒潮系暖水の流入による影響であり,さらに流入した暖水は同湾沿岸を反時計回りに伝播することが分った。両係留観測地点の水温急上昇の時間差と距離から求めた暖水の伝播速度は0.79m s^-1である。この値は暖水の移動を沿岸密度流の先端部の速度(Kubokawa and Hanawa, 1984)と見なして計算した値0.93ms^-1におおむね等しい。同様な現象は相模湾でも発生することが知られていて,それは急潮と呼ばれていることから,今回観測した水温急上昇は駿河湾の急潮と呼ぶことが出来る。また,今回の急潮をもたらした黒潮系暖水の流入の原因は黒潮の接岸であり,それには石廊崎沖での黒潮の小さな蛇行の発生が関係している可能性が考えられる。なお,同湾内各地の水位変動には急潮に伴う水温急上昇の効果はほとんど現れなかった。In early March 1992, a steep temperature rise of about 5.5℃ for 5.5 days was observed in the eastern part of the mouth of Suruga Bay and the western part of the bay head. The warm water in the eastern part of the bay mouth was influenced by an intrusion of the Kuroshio warm water. The intruded warm water moved cyclonically along the bay coast. The propagation speed of the warm water estimated from the time lag of the steep temperature rise and the distance between two mooring stations is about 0.79 m s^-1. The estimated speed is similar to that of the coastal density current in a rotating fluid, 0.93 m s^-1, theoretically derived by the same method as Kubokawa and Hanawa (1984). As a similar event that previously occurred in Sagami Bay was called kyucho, the steep temperature rise in this case is also called kyucho. The intrusion of the Kuroshio warm water into Suruga Bay as kyucho is related to a northward shift of the Kuroshio path. This northward shift seems to be related to the occurrence of a small scale meander of the Kuroshio off Irosaki. The temperature change induced by kyucho, has a little effect on the sea level change in the bay.

収録刊行物

  • 海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 12(1), 59-67, 2003-01-05

    日本海洋学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

  • 駿河湾の急潮

    萩原 快次 , 長谷川 雅俊

    水産海洋研究 73(3), 237-239, 2009-08-28

    参考文献4件

  • 気象擾乱通過後に能登半島沿岸で観測された急潮 : 2003年夏季の観測結果より

    大慶 則之 , 奥野 充一 , 千手 智晴 , Noriyuki Okei , Junichi Okuno , Tomoharu Senjyu , 石川県水産総合センター , 石川県水産総合センター , 九州大学応用力学研究所 , Ishikawa Prefecture Fisheries Research Center , Ishikawa Prefecture Fisheries Research Center , Research Institute for Applied Mechanics Kyushu University

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 18(1), 57-69, 2009-01-05

    機関リポジトリ 参考文献16件 被引用文献4件

  • 九州南岸に接する黒潮暖水塊の挙動に関する研究

    細谷 和範 , 菊川 浩行

    日本リモートセンシング学会誌 = Journal of the Remote Sensing Society of Japan 26(3), 224-233, 2006-06-30

    参考文献17件

  • 黒潮小蛇行の東進に伴い相模湾および東京湾湾口に発生した急潮

    石戸谷 博範 , 北出 裕二郎 , 松山 優治 , 岩田 静夫 , 石井 光廣 , 井桁 庸介 , Hironori Ishidoya , Yujiro Kitade , Masaji Matsuyama , Shizuo Iwata , Mitsuhiro Ishii , Yosuke Igeta , 神奈川県水産技術センター 相模湾試験場 , 東京海洋大学 海洋科学部 , 東京海洋大学 海洋科学部 , 漁業情報サービスセンター , 千葉県水産総合研究センター 東京湾漁業研究所 , 東京海洋大学 海洋科学部 , Sagami Bay Experimental Station Kanagawa Prefectural Fisheries Technology Center , Department of Ocean Sciences Tokyo University of Marine Science and Technology , Department of Ocean Sciences Tokyo University of Marine Science and Technology , Japan Fisheries Information Service Center , Tokyo Bay Fisheries Research Laboratory Chiba Prefectural Fisheries Research Center , Department of Ocean Sciences Tokyo University of Marine Science and Technology

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 15(3), 235-247, 2006-05-05

    機関リポジトリ 参考文献21件 被引用文献7件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003368787
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10382760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    21863105
  • NDL 記事登録ID
    6428926
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-778
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ