オナガアシブトコバチのオオカマキリとチョウセンカマキリ越冬卵嚢への寄生 Parasitization of Overwintering Egg Cases of Two Praying Mantises, Tenodera aridifolia (Stoll) and T. angustipennis Saussure by the Torymid Wasp, Podagrion nipponicum Habu

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岩崎 拓 IWASAKI Taku
    • 大阪府立大学大学院農学生命科学研究科応用昆虫学研究室 Entomological Laboratory, Graduate School of Agriculture and Biological Sciences, Osaka Prefecture University

抄録

1990年から1998年にかけて大阪府南部と和歌山県北部の数カ所の草地で, オオカマキリTenodera aridifoliaとチョウセンカマキリT. angustipennisの越冬卵嚢を採集し, オナガアシブトコバチPodagrion nipponicumの越冬世代成虫の羽化を毎日記録した.羽化がみられたのはオオカマキリの卵嚢のみからで, その期間は4月上旬から5月上旬にかけてであった.このコバチの羽化は, ほとんどの卵嚢において, オオカマキリのふ化よりも早かった.1卵嚢あたりの羽化数は1から55で, 平均は11.5個体であった.総個体数の比(オス : メス)は, 74 : 272であった.越冬世代成虫を準自然条件下で飼育した結果, すべての個体が7月中旬までに死亡し, カマキリの卵嚢が産まれる秋まで生存した個体はいなかった.

Egg cases of two species of praying mantises, Tenodera aridifolia and T. angustipennis, were collected in several grasslands in southern Osaka and northern Wakayama Prefectures, Japan between 1990 and 1998, and adult emergence of the overwintering generation of the torymid wasp, Podagrion nipponicum, were recorded. Adult emergence occurred only from egg cases of T. aridifolia between early April and early May. Most of the adult wasps emerged before the egg hatch of T. aridifolia. Number of adult wasps emerged from each egg case ranged between 1 and 55, with the mean 11.5. Total number of adults were 74 and 272 in male and female, respectively. No adult wasp of the overwintering generation passed through summer under quasi-natural conditions.

収録刊行物

  • 昆蟲.ニューシリーズ

    昆蟲.ニューシリーズ 3(2), 65-70, 2000

    日本昆虫学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003374838
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11248127
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1343-8794
  • NDL 記事登録ID
    5414289
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z74-B297
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ