プログラムの構文要素に基づく版管理システムのための差分取得手法  [in Japanese] A Method to Find Differences between Two Programs for Syntax based Versioning Systems  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ソフトウェア開発において, 版管理システムは欠かせないものとなっている.CVSなどの既存の版管理システムは, 行単位の差分に基づいてリポジトリを構築しているが, ソフトウェアの構成要素の一つであるソースプログラムは, 行とは異なる単位を構文要素としており, プログラミング言語の文法に則した変更内容の取得には, 文法を解釈する解析ツールが必要になる.本論文では, 構文要素を単位としてバージョン間の対応関係を管理し利用する手法を提案する.提案手法の基盤技術として, バージョン間における構文要素の対応関係を取得するためのツールを実装する.版管理システムのリポジトリが, 構文要素を単位としてバージョン間の関連を格納することにより, バージョン間関連を利用するCASEツールの構築が容易になる.

Versioning systems are essential for software development. Existing versioning systems such as CVS have repositories based on line differences. Because a syntax element of a source program does not always correspond with a line, syntax based analysis tools are needed to obtain syntactic changes. In this paper, we propose a method for storing and using relations between syntactic elements of two versions. By using results of our method, we can easily create CASE tools based on syntactic differences between versions.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 105(490), 43-48, 2005-12-19

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003488395
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013287
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    7768698
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top