母体血清マーカー検査の受検者の受検理由に関する質的研究 Women's experience of undertaking maternal serum screening

この論文をさがす

著者

    • 青木 美紀子 AOKI Mikiko
    • 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻健康学習・教育学分野 University of Tokyo, School of Health Sciences & Nursing
    • 高橋 都 TAKAHASHI Miyako
    • 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻健康学習・教育学分野 University of Tokyo, School of Health Sciences & Nursing
    • 甲斐 一郎 KAI Ichiro
    • 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻健康学習・教育学分野 University of Tokyo, School of Health Sciences & Nursing

抄録

母体血清マーカー検査(以下マーカー検査)の受検の影響要因をマーカー検査受検者の視点から明らかにする目的で, 14名の協力者に半構造化面接を実施し, Grounded Theoryの手法により分析した。マーカー検査受検の影響要因としては, (1)協力者の心理的要因, (2)家族による受検への働きかけ, (3)マーカー検査の簡便性, (4)産科医のマーカー検査への積極性という4カテゴリーが抽出された。前3者は受検を促す方向に働いていた。(4)産科医のマーカー検査への積極性には「医師からマーカー検査受検を勧める」「全妊婦にマーカー検査の情報を示して希望者のみに実施する」「協力者がマーカー検査について尋ねた時のみ説明をして実施する」「協力者がマーカー検査について尋ねてもマーカー検査を実施しない」というバリエーションがあり, 受検促進と共に阻害の方向にも働いていた。1999年に出された「母体血清マーカー検査に関する見解(報告)」と照合して不適切な対応をする医師が存在することが明らかになった。妊婦がマーカー検査を受検する背景は多様であり, 検査実施にあたっては妊婦の意思を十分に尊重した対応が求められる。

Aim and Method : This research aimed to examine the factors influencing women's decision to undertake maternal serum screening. Semi-structured interviews with 14 women who voluntarily undertook maternal serum screening were conducted. Data collection and analysis were undertaken concurrently, based on the grounded theory approach to qualitative analysis. Findings : A number of factors influenced women's decision to undertake maternal serum screening. These were grouped into four types of factors. 1. Psychological factors of the women 2. Pressure from the family 3. Simple method and availability of the test. 4. Obstetricians' attitudes to maternal serum screening The first three factors were ones which encouraged women to undertake maternal serum screening. The last factor were not only encouraged but also prevented women from undertaking maternal serum screening. Some hospitals gave the option of serum screening to all pregnant women, while others did not provide it for women even if they wanted it. Discussion : We strongly suggest health professionals respect women's intentions regarding the undertaking of maternal serum screening.

収録刊行物

  • 母性衛生 = Japanese Lournal of Maternal Health

    母性衛生 = Japanese Lournal of Maternal Health 46(4), 560-569, 2006-01-01

    日本母性衛生学会

参考文献:  42件中 1-42件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003488610
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0022863X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03881512
  • NDL 記事登録ID
    7798630
  • NDL 雑誌分類
    ZS38(科学技術--医学--産婦人科学) // ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z19-1016
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ