〔招待講演〕対話におけるパラ言語的情報による対人的反応 Inducement of Interpersonal Response from Para-linguistic Information in Human-Computer Interaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

音声対話におけるパラ言語的情報を通して行なわれているさまざまな人と機械との無自覚的な相互作用を通して,人が機械に対して対人的な反応を示すことから,対話がもつ社会的関係を構築する機能の役割の重要性を主張することを目的とする.そして,機械が「社会的な存在」として人と釣り合いのとれた対話相手としてみなされるための指針を述べ,従来の一般的な対話研究とは異なる社会的な視点に基づいた研究事例を紹介した.The para-linguistic information contributes that people psychologically attribute an identification of "social entity" to machines such as computers. This paper proposes a new point of view on the speech interaction, which para-linguistic information is assumed a function to establish social relationship between humans and machines.

The para-linguistic information contributes that people psychologically attribute an identification of "social entity" to machines such as computers. This paper proposes a new point of view on the speech interaction, which para-linguistic information is assumed a function to establish social relationship between humans and machines.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP)

    情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP) 2005(127(2005-SLP-059)), 61-66, 2005-12-21

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003494727
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10442647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    7767904
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ