音声認識・音声合成を用いた音声途切れ補間手法  [in Japanese] Packet loss concealment algorithm using speech recognition and synthesis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年, VoIP技術の発展により, 急速にIP電話が普及しつつある。IP電話の本質的な問題として(特に無線区間がある場合), パケット損失による音声品質の劣化が挙げられる。この問題を解決するため, 音声認識技術と音声合成技術を用いた音声途切れ補間手法を提案する。提案手法は, (1) Missing Feature Theoryに基づく音声認識により, 途切れ区間の音素片列を前後の言語情報及び音響情報から推定し, (2) 推定した音素片列に基づきHMM音声合成を行い, 途切れ区間の音声波形を生成し補間する。本手法で補間した特定女性話者の音声を用いて主観評価実験と客観評価実験を行い, 提案手法の有効性を示す。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 62(1), 3-11, 2005

    Acoustical Society of Japan

References:  13

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003495158
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    7785135
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top