笑い声の無拘束・長時間モニタリング : 爆笑計 Non-restrictive and long-time monitoring of utterance and laughing voice : Laughometer

この論文をさがす

著者

抄録

笑いは, ストレス低減など生理学的あるいは健康的な効果があるとの報告がある.本研究では, 笑いと健康増進および介護予防に関わる生理学的要因の関係を明らかにするために, 笑い声の無拘束・長時間モニタリングするシステムの開発を研究目的としている.本研究では, まず, 日常会話の中で笑い声をハンズフリーかつワイヤレスで無拘束・長時間モニタリングするシステム(爆笑計)を開発した.本システムは, 頸部表面に装着した喉頭マイクロホンにより声帯振動を検出し, 会話音声中の中の笑い声は, 繰り返し発声が行われることを特徴量として識別できることを示す.

Laughter is known to be effective in relieving stress and promoting health. The objective of the present study is to clarify the relationship between laughter and the physiological factors related to health promotion. We developed a hands-free and wireless system (Laughometer) that monitors laughter (laughing voice) within everyday conversations. The present laughometer detects vocal cord vibrations using a bone-conductive microphone attached to the skin on the neck. The results based on the repeated vocalizations of laughter, the features of laughter within everyday conversations can be discriminated.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 105(372), 7-12, 2005-10-27

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003496770
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7705085
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ