無侵襲血管弾性計測システムの開発と動脈硬化度の指標化 Noninvasive Measurement for Arterial Elasticity in Vascular Beds

この論文をさがす

著者

抄録

動脈硬化症は代表的な成人の生活習慣病であり,その早期発見と予防が重要であるが,従来の研究は病理学・生化学的なアプローチが多く,血管弾性特性すなわち血管の硬さそのものを定量化し,測定した例は少なかった.従来,血管の硬化度を計測するためには,血管を摘出し,その機械的性質を直接計測するしか方法が無く,生体を傷つけずに血管弾性の径時的変化を追跡することは困難であったが,本研究では,手指等を対象として,カフにより当該部位の血管内外圧差を変化させたときの血管内容積を光センサにより検出し,血管壁の圧-容積特性に基づく血管弾性特性を無侵襲的に測定する方法を考案した.更に本法を利用して血管硬化度を無侵襲的に繰り返し計測ができ,簡便で信頼性の高い診断装置を開発し,動脈硬化度の定量的指標化を試みた.

A new monitoring system for the noninvasive measurement of arterial elasticity has been designed using a photoplethysmography. Using this system, the changes in arterial elastic properties have been clearly demonstrated in the forelegs of hyperlipoedemic rabbits with experimental atherosclerosis. The elastic changes of vasoconstriction and vasodilation on the finger arteries of human was also successfully measured. This system is capable of a rapid and reliable measurement of arterial elasticity and appears to be useful not only in basic cardiovascular research laboratories but also in clinics.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 102(196), 21-24, 2002-07-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003497159
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6268122
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ