マルチホーミングにおける端末間経路選択のための片方向遅延差測定方式  [in Japanese] Measurement Method of One-Way Differential Delay for End-to-End Path Selection on Multi-Homing  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

単一の端末に複数の通信インタフェースを接続し, 複数経路を利用するマルチホーミング通信環境においては, 往路と復路で異なる経路を利用すれば, より効率的な情報通信が可能となる場合がある. これを可能とするためには, 片方向の遅延を考慮して適切なインタフェースを選択する必要がある. しかしながら, 通信経路の負荷が時間帯, 通信量などによって変動することや, 往路遅延と復路遅延を簡単には分離できないことなどから, 正確な片方向遅延を直接求めることは一般的には困難である. 本論文では, 複数のパターンの往復概遅延の組から片方向の概遅延差を簡便に求め, これに基づいて経路を選択する方式を提案する. 本方式は, 通信相手との時刻同期, 測定のための制御パケットが不要で, ネットワーク層に依存しないため拡張性があることなどの特徴をもつ. また, 提案方式をICMPで計算機上に実装し, 種々のマルチホーミング通信環境で実験評価する. その結果から片方向経路選択が可能であり, 提案方式が有効であることを示す.

Journal

  • The IEICE transactions on communications B

    The IEICE transactions on communications B 88(11), 2251-2262, 2005-11-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  16

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003502049
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11325909
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    13444697
  • NDL Article ID
    7704255
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-606
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top