マイスにおけるニッケルアレルギーの評価  [in Japanese] Evaluation of Nickel Allergy in Mice  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

我々を取り巻く環境中には様々な金属が存在しており,中でも日常的に身に付けるアクセサリー,時計,補綴具などによってアレルギー性接触皮膚炎を起こすことがある.その代表的な金属アレルゲンとして,ニッケル,クロム,コバルト,水銀,金などがよく知られている.特にニッケルは,ニッケルメッキ,ニッケル合金として数多くの製品に使用されているので皮膚への接触機会も極めて多いことに加え,近年ピアスなどの普及によってニッケルアレルギーはさらに急増し,深刻な問題となっている.金属アレルギー発症の根本的な予防法は,金属に接触しないことであるが,金属の用途は幅広く金属との接触を完全に避けることは非常に困難である.そこで金属アレルギーの予防,抑制物質の開発のための簡便な評価方法が必要となる.臨床的に金属アレルギーは金属が接触部位で汗や唾液などによってイオン化して起こるものであるが,金属アレルギーについての動物実験に用いられている試料はすべて金属塩であり,金属単体を使用した例は報告されていない.本研究では,金属塩だけでなく金属単体などの固体試料の感作性の評価,さらに金属アレルギー抑制物質の探索などに役立つ簡便な金属アレルギーの評価法を作製することを目的とし,今回は,ニッケルアレルギーについて検討した.

This study was performed to establish a convenient mouse model for the evaluation of nickel allergy. For sensitization, 0.2g of nickel sulfate in petrolatum was applied 4 times every other day to the shaved dorsal skin. Seven days after the first application of the nickel sulfate salt sample, the antigen-specific metal allergy reaction was estimated based on the swelling response of the footpad injected with 20 μl of nickel sulfate salt in saline. Percutaneously applied nickel powder in petrolatum, as well as the original nickel salt sample, induced a significant nickel allergy reaction. Therefore, it is suggested that this system is applicable for the evaluation of antimetal allergic substances.<br>

Journal

  • YAKUGAKU ZASSHI

    YAKUGAKU ZASSHI 123(8), 707-715, 2003-08-01

    The Pharmaceutical Society of Japan

References:  19

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003614920
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00284903
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00316903
  • NDL Article ID
    6658531
  • NDL Source Classification
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL Call No.
    Z19-411
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top