「Aha!」の瞬間に関連した脳磁場の計測(視聴覚技術および一般) The moment of "Aha!" as measured by MEG

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 清水 裕次 Shimizu Yuji
    • 金沢工業大学大学院システム設計工学専攻 Graduate Program of System Design Engineering of Kanazawa Institute of Technology

抄録

ヒトは探索物を発見した瞬間に「Aha!」と思う。この瞬間は、いわばひらめきの瞬間のことであるから、いつ起こるのか予測できない。同様な事は他のモダリティでも見られることから、「Aha!」の瞬間は、モダリティーに共通の認知現象であると考えられる。我々は「Aha!」の瞬間に起こる神経活動の変遷を調べるために多チャンネルMEG計測を行った。電流双極子の位置推定の結果、「Aha!」の瞬間に関連する局在した神経活動は、上前頭回と帯状回前頭下部に出現することが分かった。

The moment which we come across some good idea is so-called "aha!" moment. When we find out the target in the visual search task, we would get a impression of "aha!" Since the moment is, in other word, the moment of getting an inspiration, we can not expect when such a modality-independent moment comes out. We have observed multi-channel MEG during a few second up to the moment of "aha!" in order to understand how the localized activities move around the whole brain as related to the moment of "aha!" The results of analysis suggest equivalent current dipoles thus the localized neural activities appear in the superior frontal gyrus and anterior cingurate gyrus during the moment of "aha!".

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告

    映像情報メディア学会技術報告 26.30(0), 43-48, 2002

    一般社団法人 映像情報メディア学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003671408
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1342-6893
  • NDL 記事登録ID
    6135294
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-1010
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ