変調光検波方式イメージセンサの画質改善の検討(高機能イメージセンサ)  [in Japanese] The Image Sensor for Detecting Modulated Light : Improvement of Image Quality  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

変調光検波をイメージセンサで実現する方法として、1画素内に2つの電荷蓄積部を有する新しい画素回路方式を提案している。変調光の強度変調に同期して、変調光成分・定常光成分を振り分けて蓄積し、2つの出力差をとることで変調光成分のみを検出することができる。基本動作を実証するため、64×64 アレイを試作・評価を行った。この結果、背景光の影響を除去し、変調光成分のみによる画像を得ることができた。一方、寄生のn^+拡散層や拡散キャリアの影響により、ダイナミックレンジが狭くなる問題が明らかになった。これらの問題を解決するため、寄生のn^+拡散層へのリセットTrの取り付けや、横型オーバーフロードレインを導入した画素TEGを試作した。実験結果より、ダイナミックレンジを拡大することができた。

The image sensor for detecting modulated light is proposed. The pixel has two floating diffusion regions to store charges. By operating the circuit synchronously to the blink of modulated light and subtracting two outputs, we can obtain signals only by modulated light. In this paper, we show the experimental results of the image sensor with 64 × 64 pixels. We demonstrate that this image sensor can capture the image only by modulated light under any static background light. The problems caused by the parasitic n^+ diffusion layer and diffusion carriers are improved.

Journal

  • ITE Technical Report

    ITE Technical Report 26.42(0), 7-10, 2002

    The Institute of Image Information and Television Engineers

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003671507
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1059086X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    1342-6893
  • NDL Article ID
    6228483
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1010
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top