X線サチコンでの放射光血管造影による血管拡張収縮反応の観察  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 梅谷 啓二
    • 財団法人高輝度光科学研究センター利用研究促進部門
    • 福島 和人
    • 神戸大学大学院医学系研究科生体情報医学講座放射線医学
    • 山口 雅人
    • 神戸大学大学院医学系研究科生体情報医学講座放射線医学
    • 杉村 和朗
    • 神戸大学大学院医学系研究科生体情報医学講座放射線医学

Abstract

空間解像度がマイクロメーターオーダーであるX線による動態画像撮影装置を開発し、正常ラットの摘出灌流心を使った微小心臓血管の観察を行った。摘出灌流心とは、摘出した心臓へ血液に代わる潅流液を流し、摘出した心臓の自発的な拍動により心臓単体で生きた状態を保つものである。撮像デバイスに直接変換型撮像管X線サチコンを用い、空間解像度が最高で6μmの動態画像撮影を可能とした。また、心拍数が毎分300〜400であるラットの摘出潅流心実験に対応するため、X線露光時間を3〜5ミリ秒とするX線ストロボ撮影が可能なX線シヤッターの開発も行った。実験ではラット摘出灌流心で、大動脈起始部への造影剤注入により冠状動脈造影を行った。細い血管では内径30μm程度まで画像化でき、心拍数が高く細いラット冠状動脈でも鮮明な造影像が得られ、アセチルコリンなどの血管作用薬に対する微小血管の拡張・収縮反応が直接に観察可能となった。

Journal

  • ITE Technical Report

    ITE Technical Report 27.12(0), 53-58, 2003

    The Institute of Image Information and Television Engineers

References:  5

Cited by:  1

  • Image Electronics ; Information Sensing  [in Japanese]

    ABE Masahide , YAMAGUCHI Takumi , OHTA Jun , MARUYAMA Hirotaka , HARADA Koichi , AAKAGAWA Keiichi , HAMAMOTO Takayuki

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 58(8), 1057-1063, 2004-08-01

    J-STAGE  References (76)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003672031
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1059086X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1342-6893
  • NDL Article ID
    6559142
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1010
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top