準瞬時圧伸差分符号化法を用いたハイビジョンベースバンド多重音声伝送方式 Baseband Time-division Multiplexing Sound Transmission System using Near-instantaneous Companding DPCM for MUSE System HDTV

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ハイビジョンの音声信号を, MUSE信号の垂直帰線期間にペースバンド多重して伝送する方式を開発した.この方式においては, 音声信号の伝送容量が現行テレビ衛星放送の65%程度に制約されるため, 音声信号の符号化方式として準瞬時圧伸差分PCMを採用し信号の圧縮を行った.本符号化法による一般の番組音の音質評価実験を行った結果, 現行テレビ衛星放送のAモード, Bモードに比べほとんど遜色のない音質が得られることが確認された.また, 差分PCMの符号化, 復号化時に不完全積分を行うことで, 伝送中に生じた符号誤りによる音質劣化の改善を行った.この圧縮音声信号に, 音声以外のデータや訂正符号を付加し, 伝送レートが1.35Mb/sの多重化信号を構成する.これまでに, 本方式を用いたハイビジョンの衛星伝送実験を繰り返し実施し, いずれも良好な結果を得ている.

A new coding method called DANCE (DPCM Audio Near-Instantaneous Compressing and Expanding) is developed. It enables the transmission of four sound channels with MUSE system HDTV, of which the transmission capacity is smaller than that of the conventional Japanese satellite for TV broadcasting. Two different mode systems (mode A and mode B) are provided accoording to various types of programs. A quantized 15-bit signal is reduced to 8-bits in mode A, and a 16-bits signal to 11-bits in mode B. The sound quality of mode B is nearly equal to that of a Compact Disc's. After compressing the sound signal, independent data and error correction codes are added. The resulting sound transmission rate is 1.35 Mb/s. The serial sound bit stream is shuffled by a bit-interleaving technique to avoid the influence of burst errors. It is then converted to a ternary code. and time-compressed to multiplex into the vertical blanking period of a MUSE signal. Experimental transmission tests through a DBS, relay satellites, and CATV networks are conducted, and they show satisfactory performance.

収録刊行物

  • テレビジョン学会誌

    テレビジョン学会誌 43(12), 1388-1397_1, 1989

    一般社団法人映像情報メディア学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003674337
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00151466
  • 本文言語コード
    UNK
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0386-6831
  • NDL 記事登録ID
    3653162
  • NDL 刊行物分類
    ND86(電気通信--無線--テレビジョン)
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-307
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ