ハイビジョン衛星伝送方式-MUSE- HDTV Broadcast System via Broadcasting Satellite-MUSE-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ハイビジョン (高品位テレビジョン) の実用化を進めるにあたっては, 放送に用いる信号伝送方式の確立が必要である.NHKが開発した12GHz帯の放送衛星を用いてハイビジョン放送を実施する目的で開発したMUSE (Multiple Sub-Nyquist Sampling Encoding) は, 実際に運用中のBS-2b (放送衛星-2b号) を用いた実験をくり返し, その実用性が確かめられた.<BR>本論文ではハイビジョン衛星放送の要件を論じ, それに適合するMUSEの原理, 構成, 機器開発について述べる.<BR>MUSEは実用性を重視した固定サブサンプリング伝送方式であり, 極めて簡単なシステムではあるが, 高い画質を保ってハイビジョン画像を8.1MHzのベースバンドに帯域圧縮できる.MUSEの開発によりBS単一チャンネルで放送することが可能になった.

It is essential for a complete HDTV system to develop a broadcasting system that can send the HDTV picture through out the country. HDTV broadcast services using a single satellite broadcasting channel became available with the development of a transmission system called MUSE which utilizes a bandwidth compression technique. By MUSE, a satellite channel of a 12GHz band of width of 27 or 24 MHz can carry an HDTV picture and digitally coded four channel sound signals.<BR>The MUSE system is one type of a sub-Nyquist sampling transmission system. A total system for MUSE is developed and emission experiments are successfully carried out using BS-2b satellite. Received HDTV pictures using an antenna of 75cm diameter had quality good enough for actual HDTV broadcast Services.

収録刊行物

  • テレビジョン学会誌

    テレビジョン学会誌 42(5), 468-477_1, 1988

    一般社団法人映像情報メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003676497
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00151466
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0386-6831
  • NDL 記事登録ID
    3182203
  • NDL 刊行物分類
    ND86(電気通信--無線--テレビジョン)
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-307
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ