回転および伸縮を含む動画像系列における見かけの平行移動の検出精度について : 放送方式,画像処理・コンピュータビジョン,映像表現,画像通信システム,画像応用  [in Japanese] Estimation precision of appearance of parallel motion in moving picture sequence with rotation, expansion and contraction  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

動き検出・予測は、動画像の信号処理・符号化における重要な技術の一つである。従来から用いられているブロックマッチング法によって検出される「見かけの平行移動」は、回転や伸縮の情報も含んでいる。これを利用して簡単な計算により、ヘノレマート変換に基づく動きパラメータの 検出を行う方法が、筆者らのグループによって提案されている。本稿では、「見かけの平行移動」 の検出精度について、理論的および実験的検討を行った結果について述べる。

Motion estimation is one of the important technology for signal processing in moving picture coding. "Appearance of parallel motion" which is inspected by block matching method contains information of rotation, expansion and contraction as well. Authors propose an estimation method basing on Helmert's transformation with using the "appearance of parallel motion". This paper explains both logical and experimental review of estimation precision for the "appearance of parallel motion".

Journal

  • ITE Technical Report

    ITE Technical Report 18(64), 25-29, 1994

    The Institute of Image Information and Television Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003679339
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0386-4227
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top