顔の認識における視点依存性 : 性識別課題から Viewpoint-Dependence in Face Recognition : From Gender Judgment Task

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ある人物の顔を見て性別を判定する際には, 顔のもつ様々な情報の中で, どの情報が有効に利用されているのであろうか.男女各16名のモデルを使った本研究の実験では, 顔の持つ色情報が, 性別を判断される際に男女を問わず必要であることが分かった.また, 性別を判断する際の視点依存性について, 男性の場合は左90°の横顔, 女性の顔は右90°の横顔が性別を誤って判断されやすく, その判断に対する被験者の確信度も低いことが明らかとなった.つまり, 性別判断の視点依存性には男女の顔で非対称性があることが示唆された.

In judging the gender of a face, humans use color information of the face more than shape information of the face. We have additionally found that there are differences in accurate gender judgments between male faces and female faces, under different degrees of rotation in death. Subjects made many mistakes in judging the gender of male faces in the left profile. With female faces, in contrast, they made many mistakes in the right profile. We therefore think that viewpoint-dependence for gender judgments varies with respect to gender of the face and the rotation of the face.

収録刊行物

  • テレビジョン学会技術報告

    テレビジョン学会技術報告 20(38), 59-64, 1996

    一般社団法人 映像情報メディア学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003680323
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00352231
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386-4227
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ