明朝体ひらがな・力タカナ字形の計算機による生成  [in Japanese] Computerized generation of high-quality MINCHOU hiragana and katakana fonts  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 坂元 宗和 SAKAMOTO Munekazu
    • 東京大学生産技術研究所第3部 Dept. of electric engineering and electronics, Institute of Industrial Science, University of Tokyo
    • 高木 幹雄 TAKAGI Mikio
    • 東京大学生産技術研究所第3部 Dept. of electric engineering and electronics, Institute of Industrial Science, University of Tokyo

Abstract

デザイン上意味のある点でのデータを使って, スプライン補間で骨格を作り, 径と向きを調整した偏平八角形の筆触形態を逐次出力する方法により.フォント設計システムを試作した.入力単位は字枠の0.2%, 出力フォントのドット数, アスペクト比, 線幅, 太線対細線の線幅比は自由に変えられる.ひらがな, カタカナを試作し, 電算写植用として使用しうる品質のフォントを得た.実効データは1字当り約80バイトである.

Journal

  • ITE Technical Report

    ITE Technical Report 8(17), 19-24, 1984

    The Institute of Image Information and Television Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003683083
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0386-4227
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top