4/15符号及び4/11符号に対するPRML方式について : 画像情報記録,放送現業  [in Japanese] PRML Method on 4/15 Code and 4/11 Code  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

光磁気ディスクは書換え可能な大容量光メモリーとして期待が高く,これに関する記録媒体と記録ヘッドの高性能化はもちろんのこと,記録符号,信号検出方式,復号法など信号処理方式の検討も盛んに行われている.また,5.25インチの光磁気ディスクではサンプルサーボ方式としてISO規格で4/15符号が採用されている.また,同様に3.5インチでもサンプルサーボ方式に4/11符号が開発されており,これら符号に対する検出方式としては,差分検出方式が用いられている.本稿では,誤り率特性を改善するために,PR方式とビタビ検出法の組合せ(PRML)について検討する.まず,両符号に対する信号検出方式としてPRML方式を適用した場合を考える.また4/15符号に関して,PR(1,1)方式に4/15符号の符号化則を利用したビタビ検出法を提案する.そして,それぞれの場合の誤り率特性をシミュレーションにより求め,差分検出との比較検討を行う.

A 4/15 code and a 4/11 code have been developed in the magneto-optical disc system with sample servo mechanism. We propose the application of PR systems, instead of differentail detection method. We also adopt Viterbi detection method with PR systems as PRML methods. Furthermore, another signal detection method making use of the unique property of the coding rule on 4/15 is proposed in this paper. Bit error rates of our systems are examined by computer simulation and compared with the conventional differential detection. The results show that our proposed systems exhibits excellent performance compared with the conventional one.

Journal

  • ITE Technical Report

    ITE Technical Report 16(72), 1-6, 1992

    The Institute of Image Information and Television Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003685496
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0386-4227
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top