3B-2T符号と4B-3T符号のビット誤り率特性 : 画像情報記録,放送現業 Bit error rate characteristics Of 3B-2T code and 4B-3T Code

この論文にアクセスする

著者

抄録

本稿においては,従来形3値記録符号の一形式に属する3B-2T符号及び4B-3T符号に対して各種PRML(Partial Response Maximum Likelihood)方式を適用し,状態推移行列とシンボル推移行列を考慮して,ビット誤り率特性を計算機シミュレーションによって求めている.その結果,検討したPRMLとの組合せの内で,PR(1,0,-1)MLとの組合せにおいて両符号とも,最も良い性能が得られ,ビットバイビット検出に比べて誤り率が10^<14>を達成するのに必要な読みだし点でのSNRは,3B-2T符号で約2.3dB,4B-3T符号で約2.2dB改善された.また,PR(1,0,-1)方式の際にk_1制約を考慮することにより,両符号ともさらに0.4dBの改善があった.

In this paper, we have tried to applied several PRML(Partial Response Maximum Likelihood) methods to a 3B-2T code and a 4B-3T code, those of conventional ternary recording codes, and evaluated the performance of bit error-rate for necessary SNR at the reading point by using both techniques on state transition matrix and symbol transition matrix. The results show that PR(1,0,-1)ML method can be made the best performance among several combination of PRML method with a 3B-2T code and a 4B-3T code.

収録刊行物

  • テレビジョン学会技術報告

    テレビジョン学会技術報告 16(72), 7-12, 1992

    一般社団法人 映像情報メディア学会

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003685497
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ