補間された誤差曲面の最小化に基づく連続的テンプレートマッチング手法  [in Japanese] Continuous Template Matching Method Based on the Minimization of Interpolated Error Surfaces  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

連続的テンプレートマッチング手法は, 入力画像-テンプレート画像間の相互相関係数を帯域制限補間することによって, 微少な移動量を精度良く検出する手法である.本論文では, 相互相関係数の代わりに, 2乗誤差および絶対値誤差を用い, これらを帯域制限補間して得られる誤差曲面を最小化することによって移動量を検出する手法について検討している.また, 同手法による移動量の検出精度を明らかにしている.

Journal

  • The Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers

    The Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 54(8), 1223-1226, 2000-08-20

    The Institute of Image Information and Television Engineers

References:  4

Cited by:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003685913
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10588970
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13426907
  • NDL Article ID
    5458277
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-307
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top