スプライン補間を用いた連続的テンプレートマッチング手法の検出精度 Detection Accuracy of Continuous Template Matching Method with Spline Interpolation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

連続的テンプレートマッチング手法において, 波形レベルでの補間モデルとして双1次補間を用いた場合, 相互相関係数は3次B-スプライン関数で補間されることになる.本論文では, 1〜10次のBスプライン補間を用いて, 相互相関係数あるいは2乗誤差を補間する場合について連続的テンプレートマッチング手法の移動量検出精度と所要SN比の関係を明らかにしている.

In the continuous template matcing method, adopting the bilinear interpolation model in the waveform domainleads to the interpolation of cross correlation coefficients with the third order B-spline function. This paper presents the relationship between the accuracy of displacement detection and required Signal-to-Noise Ratio (SNR) in the contiuous template matching method with the first to 10-th order B-spline interpolation models.

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告

    映像情報メディア学会技術報告 25.22(0), 15-20, 2001

    一般社団法人 映像情報メディア学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003688843
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13426893
  • NDL 記事登録ID
    5723744
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-1010
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ