帯域制限補間モデルを用いた連続的なテンプレートマッチング手法  [in Japanese] Continuous Template Matching Method with Band-limited Interpolation Model  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では, 2つのディジタル画像の間の移動量を高い分解能でもって検出できる連続的なテンプレートマッチング手法を提案している.ここで, 高分解能の検出とは, 標本化間隔に比べて微少な移動量を精密に検出できる能力を意味している.まず, 1次元信号の場合について, 連続的なテンプレートマッチング手法の定式化が行われ, ついで2次元信号への直接的な拡張が与えられている.また, 前処理としての高域通過フィルタリングが, 連続的テンプレートマッチングの精度を保証するために本質的な重要性を持っていることが具体例によって示されている.

Journal

  • The Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers

    The Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 53(10), 1445-1448, 1999-10-20

    The Institute of Image Information and Television Engineers

References:  4

Cited by:  11

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003692470
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10588970
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13426907
  • NDL Article ID
    4888500
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-307
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top