アフィン変換モデルを用いた動き検出のための簡易なアルゴリズム A Simple Algorithm for Motion Detection with Affine Transform Model

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

回転や伸縮のような複雑な動きであっても, 回転角度が比較的小さく, かつ伸縮率が1に近い場合には, ブロックマッチングによって「見かけの平行移動ベクトル」を近似的に検出できる.また, このような見かけの平行移動ベクトルの場を観測することによって, 対応するアフィン変換パラメータが検出可能である.本論文では, アフィン変換モデルによって記述されるフレーム間の動きを上述の原理に基づいて簡易に検出するための手法を提案してい

Journal

  • The Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers

    The Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 53(6), 913-916, 1999-06-20

    The Institute of Image Information and Television Engineers

References:  7

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003692620
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10588970
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13426907
  • NDL Article ID
    4774723
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-307
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top