Temporal Prolog : A Programming Language Based on Temporal Logic

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

Temporal Logicに裁づいた論理型言語を紹介する.この言語によって,並列処理・待ち合わせ・相互排除・非決定性などを容易に表現できる.applicationとしてはexecutable specification languageとしての使用を念頭においている.

収録刊行物

  • コンピュータソフトウェア = Computer software

    コンピュータソフトウェア = Computer software 4(3), 199-211, 1987-07-15

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003743453
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10075819
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    02896540
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  IR 
ページトップへ