天然記念物西表島船浦のニッパヤシの遺伝的多様性 Genetic Diversity of the Natural Monument Nypa fruticans (Palmae) at Funaura, Iriomote Island

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 瀬戸口 浩彰 SETOGUCHI HIROAKI
    • 京都大学総合人間学部自然環境学科 Department of Natural Environment Sciences, Faculty of Integrated Human Studies, Kyoto University
    • 渡邊 かよ WATANABE KAYO
    • 京都大学総合人間学部自然環境学科 Department of Natural Environment Sciences, Faculty of Integrated Human Studies, Kyoto University
    • 戸部 博 TOBE HIROSHI
    • 京都大学大学院理学研究科植物学教室 Department of Natural Environment Sciences, Faculty of Integrated Human Studies, Kyoto University

抄録

南西諸島西表島の船浦にあるニッパヤシ集団は1959年に天然記念物に指定されて以来,縮小の一途をたどっている。この集団の全ての個体(28個体)の遺伝的多様性をRAPDで解析した結果,27個体は全く同じRAPDバンドをもち,小型の1個体だけが僅かな多型を示した。従って,この27個体は遺伝的に同一なクローンである可能性がある。これは集団内で開花しても種子が全く形成されない事実にも関連していると思われる。ニッパヤシは根茎が水平方向に伸長して2分岐し,その各々の先端にシュートを形成しながら栄養繁殖をする性質があり,船浦においてもこの栄養繁殖によってのみ集団が維持されていると考えられる。集団サイズの急激な縮小,集団が栄養繁殖によるクローンであること,結実しないことなどを考えると,船浦のニッパヤシは絶滅の途をたどっていると言える。

Since the population of Nypa fruticans at Funaura on the Iriomote Island was declared as a natural monument in 1959, it has been rapidly reduced in size. Its genetic diversity examined by the Random Amplified Polymorphic DNA (RAPD) method showed that all 28 "individuals" examined but one were genetically identical and had no diversity. They are thus considered clones derived from a single individual by vegetative propagation. Because flowers of a few "individuals" failed to set fertile seeds in 1998, the species is likely to be self-incompatible. A totality of data available indicates that the population at Funaura is at a crisis of extinction.

収録刊行物

  • 植物分類,地理

    植物分類,地理 50(2), 201-205, 2000

    日本植物分類学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003758720
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00118019
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0001-6799
  • NDL 記事登録ID
    5299163
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z18-64
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ