米国におけるEラーニング : ビジネスモデルからの体系化 E-learning Industry in the United States : Business Model Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

米国Eラーニング産業の初期段階にみられるビジネスモデルの模索過程を学際的に体系化した。本論文は学習コンテンツに関する領域知識と情報技術に対する一般知識の調達と連結に着目する知識連結によるビジネスモデルの類型化手法を提案する。米国企業73社を対象とするデータベースを活用して企業のビジネスモデルの現状を把握した後,本論文はビジネスモデルが知能工学の進展をふまえた知識連結の視点から体系化することが可能であることを示し,学際的な観点からEラーニングビジネスに対する含意を明らかにする。

In this paper we set out to investigate E-learning industry in the United States from 1998 to 2001. Research focus is to put on the firms' exploratory process for setting their business models. To comprehend the industrial performance, we propose our taxonomy attempting to identify the firms' selection of how to combine learning contents (domain knowledge) with their general knowledge on information technologies. We undertake database analysis on 73 US firms and present the systematization of emerging business models from our taxonomies. Our results indicate that business studies on E-learning firms benefit from the taxonomical analysis based on knowledge management, providing some managerial recommendation for the business.

収録刊行物

  • 研究 技術 計画

    研究 技術 計画 17(1_2), 76-89, 2004

    研究・イノベーション学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003774822
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1030142X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0914-7020
  • NDL 記事登録ID
    6859998
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-1368
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ