聴力回復 : 人工内耳から聴性脳幹インプラントへ Restoration of Hearing : Comparing Auditory Brainstem Implant to Cochlear Implant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

前世紀末より,人工内耳は内耳性聾の聴力回復法として大きな成果をあげている.障害された内耳(蝸牛)に代わって電気的に蝸牛神経を刺激し,コミュニケーションを可能とするもので,コンピューター技術による一種の人工臓器である.この技術を応用し,人工内耳の無効な蝸牛神経(第1次ニューロン)障害による聾に対し,聴力を回復しようとするのが,聴性脳幹インプラント(ABI)である.脳幹の蝸牛神経核で第2次ニューロンを刺激するが,基本的な装置の構造は人工内耳と同様で,刺激電極の形状のみが異なる.ABIの適応症例は,両側の蝸牛神経障害による聾,したがってその大部分が神経線維腫症第2型である.ABIはすでに世界で百数十例に実施され,人工内耳の発達とともに改良が加えられ,その聴取能を少しでも人工内耳に近づけるべく努力が続いている.このなかで現在期待されているのが,非刺激電極による神経活動のモニター法(neural response telemetry)の導入や,蝸牛神経核への深部電極の使用などである.

In this review article, the author summarizes the present status of auditory brainstem implant (ABI), comparing it to cochlear implant (CI). CI restores hearing by stimulating the cochlea for patients whose deafness has been caused by inner ear disease; ABI does it by stimulating the cochlear nucleus of the brainstem for those deaf due to bilateral cochlear nerve dysfunction. In the world, up until now, more than 150 patients, almost all of whom are neurofibromatosis type 2, have undergone ABI and had hearing restored. Hearing performance by ABI, however, is not so good as that by CI. To improve the quality of hearing by ABI, new techniques such as neural response telemetry and depth electrodes are now being introduced.

収録刊行物

  • 脳神経外科ジャーナル

    脳神経外科ジャーナル 11(5), 320-325, 2002

    日本脳神経外科コングレス

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003812402
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10380506
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0917-950X
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ