人類親和性および衛生上重要な日本産ハヤトビバエ科の研究 : I. 日本産重要種の検索表 Studies on the sphaerocerid flies of synanthropy and hygienic importance in Japan (Diptera) : I. The key to species of the flies

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 林 利彦 HAYASHI Toshihiko
    • 埼玉医科大学寄生虫学教室 Department of Medical Zoology, Faculty of Medicine, Tokyo Medical and Dental University

Abstract

ハヤトビバエ科のハエ類は食糞性・食腐性で, 人類親和性のものが多く知られている。しかし日本において報告されている種は少ない。著者は日本産のハヤトビバエ類を調べ, 人間の生活している環境内で世代が繰り返されたり, 家畜の糞などと密接な関係をもった種を本論文において扱った。また倉橋・三原(1983・1984学会発表)は2種の海岸性ハヤトビバエの大量発生による不快害虫化を報告している。そのため海岸に生息する4種も本論文に含めた。以上の結果から, 37種と3種群を人類親和性および衛生上重要と認め, 検索表を付した。

The sphaerocerid flies of synanthropy and hygienic importance are recorded from Japan. A key to the 37 species and 3 groups and the illustrations are given.

Journal

  • Medical Entomology and Zoology

    Medical Entomology and Zoology 37(2), 113-120, 1986

    The Japan Society of Medical Entomology and Zoology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003816895
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00021948
  • Text Lang
    ENG
  • ISSN
    0424-7086
  • NDL Article ID
    3086417
  • NDL Source Classification
    SC235(衛生動物・医用動物)
  • NDL Source Classification
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL Call No.
    Z19-47
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top