人体マダニ咬症の発生とマダニ類の季節消長 Frequent occurrence of human tick bites and monthly fluctuation of ixodid ticks in Hokkaido, Japan

Access this Article

Author(s)

Abstract

1980年から10年間にダニ標本を確認した58例の人体マダニ咬症を分析した。これらの発生は5月(18例), 6月(29例), 7月(9例)および9月(2例)で前3カ月に集中する。9月にシュルツェマダニ雄成虫寄生例を認め, この雄ダニを解剖したところ, 少量の血液を腸管に含有していた。いっぽう, 旭川と富良野で野外のマダニ類の活動状況をハタズリ法で調べた。両地点とも4月中旬から活動が開始され, そのピークは5,6,7月に活発となり, 人体マダニ咬症発生の時期に一致した。

Journal

  • Medical Entomology and Zoology

    Medical Entomology and Zoology 42(3), 267-269, 1991

    The Japan Society of Medical Entomology and Zoology

Cited by:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003817822
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00021948
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0424-7086
  • NDL Article ID
    3736048
  • NDL Source Classification
    SC235(衛生動物・医用動物)
  • NDL Source Classification
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL Call No.
    Z19-47
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top