イギリスとアメリカの4人の現代木工芸家に見る表現手法と工芸思想 : ジェイムス・クレノフ、デヴィッド・パイ、ジョン・メイクピース、ウェンデル・カースルを対象としたフォルムとクオリティの比較考察 Art and Ideas of Four Contemporary Woodworkers of Britain and America : Comparative Notes on the Form and Quality of James Krenov, David Pye, John Makepeace and Wendell Castle

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アメリカのジェイムス・クレノフとウェンデル・カースル、イギリスのデヴィッド・パイとジョン・メイクピースには、現代木工芸の動向を概観するうえで、典型となりうる造形表現の手法と工芸思想が認められる。クレノフとパイは、工芸におけるアマチュアリズムの考え方を提唱している。彼らが目標としているのは、作品のオリジナリティー、つまり「フォルムの差異」を追究することではなく、木がもっている親密なクオリティを「真のアマチュア」の仕事で作品に結実させることである。現代の人工的環境が失った美的クオリティの探究が工芸の存在理由であるとクレノフとパイは考えている。作品はもとより、教育と著作を通じてこのような思想が支持されていることは彼らの大きな業績である。対照的にメイクピースとカースルは、フォルムに量産品との能動的な差異を求め、ダイナミックに変貌する造形スタイルを展開している。4人の著名な作家を例にとって見たイギリスとアメリカの現代木工芸は、造形スタイルと工芸思想の対蹠的構図を端的に示している。

An archetypical pattern of today's woodwork is found in the works of James Krenov, David Pye, John Makepeace and Wendell Castle. Importance of the true amateur in workmanship is emphasised in the writings of Krenov and Pye. What matters to them is not the originality of form, but the deep qualitative difference of crafted objects in our age of industrial production. This thinking is very much encouraged by their love for wood and its subtle qualities. Both Krenov's and Pye's works as a teacher and writer as well as a maker resulted in a crucial development of modern woodwork. Makepeace and Castle represent contrasting ideas, and an aversion to formal stasis is apparent in their dynamism. Contemporary woodwork in Britain and America, when exemplified by these four well known woodworkers, shows two contrasting paths along which diverse developments might be juxtaposed.

収録刊行物

  • デザイン学研究

    デザイン学研究 47(6), 91-100, 2001

    日本デザイン学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003824855
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00150292
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0910-8173
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ