製品のデザインコンセプト策定方法の提案 A Proposal for Making Design Concept of Industrial Products

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年、製品デザインの現場やデザインマネジメントの立場から、デザインコンセプト策定の重要性が増大している。本研究は、橋梁という特殊な領域におけるデザインコンセプト策定についての先行研究の考察を基礎に、工業デザインの分野において曖昧に使われてきたデザインコンセプトの内容を明らかにし、工業製品のデザインコンセプト策定の方法に関する提案を行った。策定方法は、まずデザイナーが、製品開発の時系列的視点で製品価値を再構成することによってデザインコンセプトを設定する。次に、現在デザインしようとしている製品に求められる要件のうち、評価を定めたり、合意したりすることが困難な要件に対して、デザインコンセプトによって方向性を示す。このような製品価値主導のデザインコンセプト策定により、製品全体の新しい価値を明確にすることができ、以後に続く設計をリードし、製品開発の全体をコントロールできる。

Recently, making design concept is becoming more and more important in designing and managing industrial products. The purpose of this study is (1) to clarify the meaning of the word "design concept" which has been used vaguely, and (2) to propose a method of making design concept of industrial products, after reviewing a study on the same theme in bridge building. The method proposed in this paper is as follows. First, the designer makes a design concept by re-composing the product values observing a time series aspect of the product trajectory. Then the designer, setting design concept, shows a direction to undecided matters which are difficult to evaluate. This method can lead the following designs, and can control the overall product development.

収録刊行物

  • デザイン学研究

    デザイン学研究 49(4), 21-28, 2002

    日本デザイン学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003824872
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00150292
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0910-8173
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ