日本の「美術製造品」を取り扱ったイギリス系商社 British Trading Companies Dealing with Japanese "Art Manufactures"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は19世紀から20世紀にかけて日本の「美術製造品」のイギリスヘの輸出に関わっていた商社の相互関係や本国での活動に着目し,後期ヴィクトリア朝からエドワード朝にかけて同国における日本趣味を支えたインフラストラクチャの一端を解明することを目的とする。そのためにイギリス・日本の両国に活動拠点をもっていた3つの人脈,マリアンズ,ストロームとロットマン,そしてホームとセールを中心に築かれた諸商会の経営体制を検証する。彼らが縁戚関係あるいはパートナーシップを通して経営していた諸商会は,名称変更こそあったが,しばしば数年で消えてゆく当時の外国商会の高い破産率を乗り越えて比較的継続した活動を展開した。その要因のひとつには,これらの同業者達のあいだに代理店制度など直接の相互関係があったことがあげられる。雇用主や従業員の繋がりや店舗や在庫の引き継ぎからなるこうした横のネットワークは、イギリスの日本趣味の流通を支えた一要素であった。

This article discusses the relations among British trading companies which had bases both in Japan and in Britain, and mainly dealt with Japanese "art manufactures". It investigates into the making of infrastructure of japonaiserie in Britain from the late Victorian to Edwardian periods. The focuses are on Marians, Strome and Rottmann, and Holme and Sale. The companies run by the above people changed their names over the years, but they are significant in surviving a very difficult merchandizing condition in Japan at that time when many companies went into bankruptcy within a few years of their establishment. One of the reasons for their success was direct mutual relations such as agency house system. The article reveals such horizontal networks both in terms of human and material resources.

収録刊行物

  • デザイン学研究

    デザイン学研究 51(3), 11-20, 2004

    日本デザイン学会

参考文献:  42件中 1-42件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003825293
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00150292
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0910-8173
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ