「パークコミュニティー桜の里」 : 街づくりデザイン開発プロセスと成果 Park Community SAKURA NO SATO : Design Development Process for Town Development and Results

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

「パークコミュニティー桜の里」は、長崎市北西部の新しい臨海都市・三重地区に開発された、海を望む眺望の約1036区画のニュータウンである。事業主はこの開発のために設立された桜の里パークタウン開発株式会社である。造成着工は1997年9月で、東エリアが造成を完了した2000年3月に街開きをした分譲3年目の街である。この「パークコミュニティー桜の里」が長崎の他のニュータウンと大きく異なるところは、開発関係者が統一したデザイン思想を持ち、この思想が造成計画の段階から導入されたところにある。本稿は、この開発コンセプトの導入事例とその成果を披露する。

Park Community SAKURA NO SATO is a new town development project with 1,036 lots overlooking the sea, developed in the Mie District, which is a new seaside town in the northwestern part of Nagasaki City. The developer is SAKURA NO SATO Park Town Development Co., Ltd., In March 2000 site preparation for the East Area was completed and allotment sale started from this area. The point where this SAKURA NO SATO differs largely from other new town projects in Nagasaki is that all concerned parties in the development have shared one unified design concept and that this concept has been incorporated in the project from the planning stage of site preparation.

収録刊行物

  • デザイン学研究作品集

    デザイン学研究作品集 8(1), 54-59, 2003

    日本デザイン学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003847961
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1341-8475
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ