パーソナルポータルPFのためのユーザインタフェースデザイン  [in Japanese] User Interface Design for Personal Portal PF  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

利用者にとって利便性の高い効率的なブロードバンドコンテンツの流通の実現に向けて、ネットワークストレージとサーバ指向P2P通信モデルを組み合わせた新しいプラットフォームで使用するインタフェースのデザインを行った。既存のデザインに対して、定量的・定性的な評価を行い、ユーザの機能に対する概念モデルの構造化の結果とユーザのPPサイト内におけるサービスの使用状況等を考慮し、初めて操作するユーザでもサービスを理解しやすいように考慮した。本報告は、拓殖大学とNTT東日本との共同研究によるものである。2004年2月からこのインタフェースデザインをもってPPサイトサービスは多くの企業に提供されている。

The instructions for contributors to this journal have been mentioned in the No.142 of the Bulletin of JSSD Japanese. When you contribute your papers to this journal, you should use an application form on the backside of this page. You can copy and use the form. Additionally, the regulaions for contribution to this journal are mostly in accordance with the regulations for the Japanese edition. The Bulletin of JSSD accepts any qualified article motivated by general interests in "Design", irrespective of the field, the topic or the method of researth. The contributor must be the member of JSSD except when contributing in collaboration with other authors, the first author must be the member or a honorable member of JSSD.

Journal

  • Annual Design Review of Japanese Society for the Science of Design

    Annual Design Review of Japanese Society for the Science of Design 10(1), 52-55, 2005

    Japanese Society for the Science of Design

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003848057
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10547226
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    1341-8475
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top