本邦の性および年齢の異なる豚群における大腸バランチジウム感染率(短報)  [in Japanese] Prevalence of Balantidium coli Infection in Different Sex and Age Groups of Pigs in Japan  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

6ヶ月および2から4才齢の雌雄の豚について大腸バランチジウムの感染状況を調査した. その結果, 大腸バランチジウムは252頭中84.1%から検出され, 平均寄生虫体数は糞便1g中517.1であり, 宿主の性および年齢による差は認められなかった. 以上のことから, 大多数の豚は性別に関係なく, 少なくとも生後6ヶ月以前に, 大腸バランチジウムに感染していることが示唆された.

Journal

  • J. Vet. Med. Sci.

    J. Vet. Med. Sci. 53, 967-968, 1991

    Japanese Society of Veterinary Science

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003915477
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA10796138
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167250
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS 
Page Top