ニホンジカにおける染色体多型現象について Chromosome Polymorphism in Japanese Sika, Cervus (Sika) nippon

この論文をさがす

著者

抄録

35頭のニホンジカについて血液培養により染色体検査を試みたところ, 個体によって65, 66, 67, 68と染色体数に変異があった. この染色体の変異は, 常染色体中における大型のメタセントリック(M)染色体およびサブメタセントリック(SM)染色体の存否に起因していた. この二つの異形染色体の有無により, 6つの核型を観察することができた. このような染色体の多型現象は, 常染色体中の4個のアクロセントリック(A)染色体が動原本部で癒合して大型のM染色体をつくるか, SM染色体をつくるかにより, 生じたものと思われる. なお, いずれの場合も染色体の基本数は70で一定しており, いわゆるRobertson型転座によるものと思われる. すべての検査個体に共通して, 常染色体中に中型のM染色体1対が存在した. X染色体はA染色体中最大で, Y染色体は小型のSM染色体であり, 識別は容易であった.

Chromosome examination by blood culture was conducted on 35 Japanese sika, Cervus (Sika) nippon, revealing that the number of chromosomes varied according to individuals, such as 65, 66, 67 and 68. This numerical variation depended on the presence or absence of large metacentric chromosomes and submetacentric chromosomes in the autosomes. It was possible to observe six karyotypes according to the presence or absence of these two kinds of chromosomes. Polymorphism of these chromosomes is presumed to be formed when either large metacentric chromosomes or submetacentric chromosomes are formed following fusion of four acrocentric chromosomes in the autosomes at the centromere. The fundamental number was constant, 70 in all cases. This is considered to be due to the so-called Robertsonian translocation. The common phenomenon observed in all the individuals examined was the presence of one pair of middle-sized metacentric chromosomes in the autosomes. The X-chromosome was the largest among the acrocentric chromosomes and the Y-chromosome could be easily identified as a small submetacentric chromosome.

収録刊行物

  • 日本獸醫學雜誌

    日本獸醫學雜誌 45(1), 23-30, 1983-02-25

    社団法人日本獣医学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003917081
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191788
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    00215295
  • NDL 記事登録ID
    2581413
  • NDL 刊行物分類
    RA28(発生・細胞・遺伝--動物)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-350
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ