家猫の吐出したハリガネムシGordius sp. A Hairworm, Gordius sp., Vomited by a Domestic Cat

この論文をさがす

著者

抄録

3才の雌猫が白い泡状物とともに雌のハリガネムシを1匹吐出した. 虫体は体長585mm, 最大体幅1.2mmで, 体表クチクラに環状帯, 腹中線, 背中線, アリオールがないこと, 口の開口がないことからGordius ogataiの近似種と思われたが, 著しく軟化していたために種の確定はできなかった. 猫は臨床的に正常で食欲もあり, 戸外で昆虫などを捕食していたことから, ほぼ成熟したハリガネムシ寄生昆虫の捕食により感染したと思われた.

A hairworm was vomited by a domestic cat. The worm specimen is white with a yellowish tint and 585mm in length and 1.2mm in maximum width. Morphological examinations revealed that the specimen is almost identical to Gordius ogatai Inoue, 1979 although not closely identified because of the damage of the cuticle. The cat would be infected by ingesting host insects parasitized by a well-developed young hairworm.

収録刊行物

  • 日本獣医学雑誌

    日本獣医学雑誌 49(6), 1035-1037, 1987-12

    社団法人日本獣医学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003917670
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10521639
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    00215295
  • NDL 記事登録ID
    3173554
  • NDL 刊行物分類
    RB86(畜産--家畜--犬・猫)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-350
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ