リュウキュウイノシシ (Sus scrofa riukiuanus) の下顎骨に関する島嶼間形態変異 Geographical Variation of Mandible Size and Shape in the Ryukyu Wild Pig (Sus scrofa riukiuanus)

この論文をさがす

著者

    • 前田 誠司 MAEDA Seishi
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科獣医解剖学教室 Department of Veterinary Anatomy, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 山際 大志郎 [他] YAMAGIWA Daishiro
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科獣医解剖学教室 Department of Veterinary Anatomy, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 九郎丸 正道 KUROHMARU Masamichi
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科獣医解剖学教室 Department of Veterinary Anatomy, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 林 良博 HAYASHI Yoshihiro
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科獣医解剖学教室 Department of Veterinary Anatomy, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 服部 正策 HATTORI Shosaku
    • 東京大学医科学研究所奄美病害動物研究施設 Amami Branch Laboratory, Institute of Medical Science, The University of Tokyo
    • 田中 一栄 TANAKA Kazue
    • 東京農業大学家畜育種学教室 Department of Animal Breeding, Faculty of Agriculture, Tokyo University of Agriculture

抄録

リュウキュウイノシシ (Sus scrofa riukiuanus) の下顎骨の形態に関して, 奄美大島, 加計呂間島, 沖縄島, 石垣島, 西表島の5島間の島嶼間変異を明らかにするため, 骨計測学的検討を行った. 上記5島より得られた下顎骨の内, 成獣と判定された95例の標本を用い, 14の計測部位を採用して議論した. 下顎骨全長において, 石垣島産標本は, 西表島産より明らかに大きかった. また, これまで提唱されてきた下顎骨全長に関するクラインを, 沖縄島を含む南西諸島全体において認めることはできなかった. 下顎骨全長に対する各項目の割合から, 石垣島産および西表島産は, 他島嶼産に比較して, 下顎枝が側方に発達し, 下顎体が背腹方向に成長するという傾向が見られ, また奄美大島産においては, M_2からP_3までの臼歯長と下顎連合面長が短いことが明らかになった. 以上の結果から, イノシシは, 種内集団間の形態学的変異がきわめて多様な種であることが示唆され, いくつかの形質の相違のみで, 南西諸島産集団を日本本土産集団に対して独立した種のレベルで扱うことは適切でない, と結論できた. 今後蓄積される形態学的データを基に, 各島嶼集団の形態変異に関する適応的意義が検討され, 歴史時代における各集団のサイズとプロポーションの変化に関する考古学的解明が進むことが期待される.

We measured adult mandibles of Ryukyu wild pigs from Amami-Oshima, Kakeroma, Okinawa, Ishigaki and Iriomote Islands. The size cline was not statistically recognized among the populations of Nansei Islands. The Ishigaki population was significantly larger than Iriomote one in mandible length. Some measurement ratios indicated that the ramus is enlarged laterally and that the body of mandible is dorso-ventrally developed in Ishigaki and Iriomote populations. The Amami-Oshima mandibles were relatively smaller than those of Okinawa and Iriomote populations in length item of body of mandible. These results will contribute to the zoo-archaeology on the historical change of size and shape in the island populations, and to the evolutionary biology on the morphological adaptation of this animal.

収録刊行物

  • The journal of veterinary medical science

    The journal of veterinary medical science 60(1), 57-61, 1998-01-25

    社団法人日本獣医学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003918378
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10796138
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167250
  • NDL 記事登録ID
    4393346
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-350
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ