リュウキュウイノシシ(Sus scrofa riukiuanus)の下顎骨に関する多変量解析 Multivariate Analysis of Mandible in the Ryukyu Wild Pig (Sus scrofa riukiuanus)

この論文をさがす

著者

抄録

徳之島リュウキュウイノシシ(Sus scrofa riukiuanus)の下顎骨7例を計測し, 奄美大島, 加計呂麻島, 沖縄島, 石垣島, 西表島産102例の既存の計測値と比較検討した.島嶼間で下顎サイズの統計学的検定を行うとともに, 主成分分析により, 各集団間の骨計測学的特徴を把握した.徳之島産資料は, 長径および幅径において, 奄美大島産と沖縄島産より有意に大きく, リュウキュウイノシシにおいて従来から提唱されてきたサイズクラインは, 成立していないことが明らかになった.主成分分析の結果, 下顎の大きさと形は, 特に雌で島嶼集団毎に明確に分離された.形の要素として第2主成分得点を見ると, 徳之島集団は沖縄島集団と類似し, その他の集団と区別できることが明らかとなった.今後蓄積される形態学的データを基に, 各島嶼集団における形態変異の適応的意義が検討され, 各集団間の進化学的相互関係が明確になることが期待される.

We measured adult mandibles of Ryukyu wild pig (Sus scrofa riukiuanus) from Tokunoshima Island and compared the osteometrical data with those from six Nansei Islands. The mandibles in Tokunoshima Island were larger than those from Amami-Oshima and Okinawa Islands in some measurements. We concluded that the size cline was not statistically recognized among populations. In the principal component analysis, the size cline was also denied, and the separation could be made among island populations in female. It is suggested that the populations in Tokunoshima and Okinawa Islands may be different from those in Amami-Oshima, Kakeroma, Ishigaki and Iriomote Islands in skull proportion.

収録刊行物

  • The journal of veterinary medical science

    The journal of veterinary medical science 60(6), 731-733, 1998-06

    社団法人日本獣医学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003918483
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10796138
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167250
  • NDL 記事登録ID
    4512623
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-350
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ