鶏の Leucocytozoon に関する研究 : II. ニワトリヌカカによる L. caulleryi の媒介について STUDIES ON THE LEUCOCYTOZOON FOUND IN THE CHICKEN, IN JAPAN : II. ON THE TRANSMISSION OF L. CAULLERYI BY CULICOIDES ARAKAWAE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鶏の Leucocytozoon 病(L. caulleryi)は北海道と東北の一部の県を除いた各県に分布すると共に, 台湾, 印度支那, 泰, エジプドにも存在している. またその種類も5種類記載されている. しかし, その中間宿主は何れの種類においても未だ明らかにされていない. 私は今回, ワクモ (Dermanyssus gallinae), アカイエカ (Cnlex pipiens pallens) とニワトリヌカカ (Culicoides arakawae) の3種の吸血ダニならびに昆虫について媒介試験を試みた結果, ニワトリヌカカ体内に Zygote, Oocyst, Sporozoite が多数例に認めることができると共に, Sporozoite のみられたニワトリヌカカ乳剤を雛の静脈内接種により13羽の人工感染雛を得ることができた. また gametogony の出現は14日前後で末梢血液塗抹標本で検出しえた. これらの成績からニワトリヌカカが L. caulleryi の中間宿主であることが明らかになった.

Zygotes, ookinetes, oocysts and sporozoites of L. caulleryi were found in the Culicoides arakawae, parasitized on the infected chickens. Thirteen chickens were infected by the injection of a suspension of Culicoides arakawae within 2-7 days after the feeding on the infected chickens. The time from the injection of the suspention of the sporozoites to the appearance of the parasites in the stage of gametogony, was about 14 days. Gametogony was found in the peripheral blood for at least 10 days. These facts show that the Culicoides arakawae transmits L. caulleryi of the chicken, in Japan. It is thought that these findings may be the first reported on the intermediate host of the Leucocytozoon of the chicken, up to this time.

収録刊行物

  • 日本獸醫學雜誌

    日本獸醫學雜誌 22(5), 309-PLATE I, 1960-10-30

    社団法人日本獣医学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003919019
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191788
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    00215295
  • NDL 記事登録ID
    9163615
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-350
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ