ヒツジのタマネギ中毒発症における第一胃内細菌の関与 Rumen Bacteria are Involved in the Onset of Onion-induced Hemolytic Anemia in Sheep

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大和 修 YAMATO Osamu
    • 北海道大学大学院獣医学研究科診断冶療学講座獣医内科学教室 Laboratory of Internal Medicine, Department of Veterinary Clinical Sciences, Graduate School of Veterinary Medicine, Hokkaido University
    • 田島 誉士 [他] TAJIMA Motoshi
    • 北海道大学大学院獣医学研究科診断冶療学講座獣医内科学教室 Laboratory of Internal Medicine, Department of Veterinary Clinical Sciences, Graduate School of Veterinary Medicine, Hokkaido University
    • 前出 吉光 MAEDE Yoshimitsu
    • 北海道大学大学院獣医学研究科診断冶療学講座獣医内科学教室 Laboratory of Internal Medicine, Department of Veterinary Clinical Sciences, Graduate School of Veterinary Medicine, Hokkaido University

抄録

反芻動物のタマネギ中毒発症機序を明らかにする目的で, ヒツジの第一胃の胃液とタマネギ汁を混和してインキュベーシヨン(38.5℃, 9時間)し, そのエーテル抽出物がヒツジ赤血球に及ぼす影響を調べた. その結果, 第一胃液とタマネギ汁をインキュベーシヨンすることによって, 赤血球酸化傷害性を有する物質が生成することが判明した. この酸化傷害性物質は, 減菌した第一胃液では生成されず, 抗性物質の添加と高酸素条件によって著しく生成が抑制された. またin vivoの実験で, ヒツジにタマネギを15日間投与(50g/kg/day)すると著しいハインツ小体性溶血性貧血が発現したが, 同量のタマネギと同時にアンピシリンナトリウム(g/kg/day)を投与したヒツジにおいては, 貧血の程度が軽度であった. 以上の成績から, ヒツジのタマネギ中毒においては, 第一胃内の嫌気性細菌がその発症に関与することが示唆された.

The mechanism of onion-induced hemolytic anemia in ruminants was investigated. The ether-extract obtained from the mixture of rumen fluid and onion juice incubated at 38.5℃ for 9 hr induced oxidative damage in sheep erythrocytes in vitro, indicating the production of certain oxidants in the mixture. The increase of the oxidative effect in the mixture was inhibited completely by the removal of rumen microorganisms and partly by treatment with antibiotics and by oxygen gas. The sheep fed onions (50 g/kg body weight/day) for 15 days developed more severe Heinz body hemolytic anemia than did the sheep fed the equivalent amount of onions with 5 g/day ampicillin sodium salt. The results indicated that certain rumen bacteria appear to be involved in the onset of onion-induced hemolytic anemia in sheep.

収録刊行物

  • The journal of veterinary medical science

    The journal of veterinary medical science 61(4), 369-374, 1999-04-25

    社団法人日本獣医学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003920127
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10796138
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167250
  • NDL 記事登録ID
    4710566
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-350
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ