除草剤ベンチオカーブの作用機構 Mode of Action of a Herbicide,Benthiocarb

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ベンチオカーブのヒル反応阻害力は,クロルIPCと同程度で弱く,who1e plantの光合成にもほとんど影響を示さなかった。また,切断根の呼吸にたいしても影響しなかった。 一方,胚芽除去種子におけるジベレリン誘起α-アミラーゼ生合成にたいして強力な阻害力を示すが,α-アミラーゼそのものの活性には無影響であった。また,ベンチオカーブ自身イネのラミナ・ジョイント伸長にたいしてある程度の阻害を示し,その阻害形式はIAAとの間で拮抗的であった。これらの結果から,ベンチオカーブは,タンパク質生合成過程でオーキシンと拮抗することによって阻害作用を示すことがその作用点のひとつと推定される。

Mode of action of a new herbicide, benthiocarb [S-(4-chlorobenzyl) N,N-diethylthiolcarbamate, trade name: Saturn], was investigated. The herbicide had little effect on the Hill reaction of spinach chloroplasts, and on both photosynthesis of whole plants and respiration of excised roots in rice plant (Oryzae sativa) and barnyardgrass (Echinochloa crusgalli). Benthiocarb inhibited the a-amylase synthesis induced by added gibberellin in rice- and barnyardgrass-endosperms, but had no effect on the hydrolysis of starch by α-amylase preparation itself. It also inhibited the elongation of the laminaioints of excised rice leaves induced by added indoleacetic acid (IAA). In this case, benthiocarb jointly acted in an antagonic way, namely competitively, with IAA. From these results, the inhibition of protein synthesis through the competition at the auxin-acting site seemed to be one of the mode of actions of the herbicide.

収録刊行物

  • 雑草研究

    雑草研究 12, 54-59, 1971-10-20

    日本雑草学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003931013
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00097258
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0372798X
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ