職務設計における遊び的要素の活用についての実験的研究 An Experimental Study on the Applications of Playful Factors for Job Design

この論文にアクセスする

著者

抄録

本研究では, 職務設計において, 「遊び的要素」を活用することによって, 作業者のモティベーション, 生産性の高度化を目的とする「遊び」と「労働」の統合化の新しい職務設計へのアプローチが提案されている.最初に, 遊びと労働の連続体から遊びと労働の統合可能要因を11次元抽出し, その連続体上に5種類の職務構造モデルを設定した.そして, それぞれの職務の作業者への心理的影響度を実験室的実験により検討した.さらに, 個々の遊び的ファクターの相対的重みが線形重回帰分析によって解析された.本実験における主要な結果は, 純粋な遊び構造に近い職務ほど, 作業者の作業に対するポジティブ感情を高めることを明白に示していた.また, 重回帰分析の結果から, 「内的目的性」という作業者の動機的要因の重要性が見いだされた.

In this paper, "a new approach" for job design is proposed. This new approach is a method for integrating "play" and "work", the purpose of which is to improve worker's motivation and perfomance by applying "playful factors" to the job design.First, the 11-factors that will be able to integrate play and work are extracted from a play-work continuum, and 5-type job structure models are set on this continuum. Next, the psychological effects of each job model on workers are examined through a laboratory experiment.The relative weight of each playful factor is analyzed by a multiple regression analysis. The main result of this experiment indicated that the jobs nearer the pole of pure play structure increased more the positive feeling of workers.Further, the result of the multiple regression analysis has shown the importance of "inner purpose" that is one of the motive factors of workers.

収録刊行物

  • 日本経営工学会誌

    日本経営工学会誌 31(4), 411-417, 1981

    公益社団法人 日本経営工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003963117
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0386-4812
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ