66 根圏土壌を用いたアレロパシー活性測定法(1-(3)雑草害、競争、他感作用)(1. 雑草)  [in Japanese] 66 Method for bioassay to evaluate the allelopathic activity in rhizosphere soil.  [in Japanese]

Search this Article

Abstract

これまで,アレロパシーの3つの作用経路(揮発性物質による揮散,根からの浸出,茎葉や残渣からの溶脱)に特異的な検定法として,それぞれ,ディッシュパック法,プラントボックス法,サンドイッチ法が開発されているが,根から土壌に放出された物質が土壌中で他感作用を示すことを実証する検定手法はなかった.そこで,根から根圏土壌中に放出される物質による作用を検定する新たな手法の開発を試みた.

Journal

  • Journal of Weed Science and Technology. Supplement

    Journal of Weed Science and Technology. Supplement (42), 142-143, 2003-04-19

    The Weed Science Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003964031
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10057034
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0372798X
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top